設立目的

設立目的

子供の頃に「浜ゆき」といって遊んだ大浜海岸。
夏には海までたどり着くのに足が熱くて熱くて・・・。砂浜も大きく広かった。
それが次第に波に洗われて砂浜も小さくなり、
大人になった僕たちもいつしか大浜から遠ざかってしまいました。
せっかくの砂浜も、一度遠ざかってしまった人々にはそんな状況が届かなくて・・・。
でも、そんな大浜で散歩している人やスポーツを興じている人、
植物や野鳥を観察する人々や、沈みゆく夕日に向かって音楽を奏でる人々が、
集まってきているのです。
各々が各々の楽しみ方をする、それはもちろんいいけれど、
もっと広く静岡市民が憩える場になってくれれば・・・。
【大浜ビーチフェスタ実行委員会】では、大浜海岸でイベントをすることにより、
普段あまり大浜に馴染みのない、静岡市民のみなさまにも来てもらい、
「今の大浜」を見て欲しいと思います。
何が問題なのか、これから大浜をどうしていったら良いのかを、
市民レベルで考えて、行政を動かすきっかけ作りとしたいのです。
ゆくゆくは、通年を通じて老若男女が楽しめるビーチパークが
ここに誕生すれば一市民としてこんなに嬉しい事はありません。
主催者一同

実行委員長の一言

実行委員長の河村

大浜の砂浜は、一昔前の狭い印象が強いですが、県の事業により『浜ゆき』と呼ばれた頃と同じような、広い砂浜 海岸が復活しました。
一部で、スポーツを中心とした新しい使われ方が広がる中、もっと多くの市民にこの【素晴らしい財産】を再認識してもらいと考え、【大浜 ビーチフェスタ】を開催いたしました。
今後は、実行委員会の中心メンバーを地元の若者にバトンタッチし、より強く地元に根付いた駿河区を代表するイベントに発展させたいと思います。

このイベントをきっかけに、ちびっ子達や静岡市民の皆さんが【身近な環境】の素晴らしさを、再認識していただければ幸いです。
※一部文章 静岡新聞【この人】記事抜粋 転載
静岡新聞(朝刊)の「この人」